呼び出しブザー/ベル/チャイム、在席確認は有限会社リアルシステム

呼び出しベルを活用し無理なく介護

呼び出しベルを活用し無理なく介護

高齢者社会に加え少子化が進む現代日本では、介護を必要とする人が増える一方、介護する人手は不足していると言えます。介護施設でも自宅介護でも、介護する側も介護される側も無理なく生活し、楽しい毎日を送りたいものです。ここではお互いが楽しい毎日を送るコツをご紹介します。

完璧を求めない

介護を完璧にしなければと意気込みすぎてしまうと、ストレスは溜まる一方です。
失敗してしまった時に自己嫌悪に陥ってしまったり、他の事が手につかなくなってしまいます。
仕事を持ちながらの介護だとさらに大変です。仕事や家事をするだけでも大変なのに介護も完璧にこなそうとなると体力的、精神的に参ってしまいます。

逆に介護される側も相手に完璧さを求めてはいけません。なるべく自分でできることはした方が、自分の身体にもいいですし、人に頼むよりも自分でできたほうが楽なはずです。少し手助けをしてもらうといった感覚でいた方がよいでしょう。

お互いを干渉しすぎない

介護する側が介護される側の健康状態などを気にかけるのは当たり前ですが、必要以上に干渉しすぎてしまうと自分も心配事などが増えてしまいますし、相手もいい気持ちはしないはずです。
逆に介護される側も話し相手としてつい干渉しすぎてしまうかもしれませんが、お互い一定の距離を持つことが大切です。

呼び出しベルを活用する

お互いのプライベートな時間を作るためにも「呼び出しベル」は効果的です。
お互い別の部屋に居ても、呼び出しベルを使えば、用事があるときに呼ぶことができます。
呼び出しベルは無線LANを使えばワイヤレスで別の部屋からの呼び出しを受けることができるので1階と2階など離れた場所でも使えます。「自分の時間」を作ることでお互い毎日を楽しく過ごしましょう。


当社ではこの便利な呼び出しベルを取り扱っております。コードレスで使える呼び出しベルは、介護の現場だけでなく、工場やお店、会社でも使えますので、ぜひご利用ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-2736-6632

PAGETOP
Copyright © 有限会社リアルシステム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.