呼び出しブザー/ベル/チャイム、在席確認は有限会社リアルシステム

意外と知らない有線LANと無線LANの違い

  • HOME »
  • 意外と知らない有線LANと無線LANの違い

意外と知らない有線LANと無線LANの違い

インターネットをはじめ呼び出しブザーなどを利用する際はネットワークを構築する必要があり、その際は有線接続と無線接続のどちらかで構築されます。有線接続と無線接続は有線LANや無線LANとも呼ばれており、LANケーブルの有無以外にも様々な違いがあります。

セキュリティ設定が異なる

ネットワーク上には、様々なウイルスやシステムに不正侵入をするクラックといった危険性があり、そういったものからネットワークを保護するために、有線LANも無線LANもセキュリティを設定する必要があります。また、無線LANの場合は様々な機器の電波と反応しているので、悪用されないように別でセキュリティを設定する必要があります。

伝送媒体が異なる

有線LANと無線LANでは伝送媒体が異なっていて、有線LANの場合はLANケーブルを伝送媒体とし、無線LANは電波を伝送媒体としています。有線LANの場合は障害物などの影響を受けないので、通信速度が高くて通信環境が安定するメリットがあります。無線LANの場合は電波を伝送媒体にしているので、電波が届く範囲であればどこでもインターネットを利用することが可能になります。

また、ワイヤレスなので、ケーブルに足を引っ掛けるといったこともなくなります。

伝送できる距離が異なる

有線LANの場合は、LANケーブルを長くすることによって伝送可能な距離を延長することが可能であり、LANケーブルの長さも短いものから長いものまで様々な規格が揃っています。また、スイッチングHUBを活用することで伝送距離をさらに延長することが可能ですが、LANケーブルの本数が増えるので定期的なメンテナンスが必要になります。

無線LANの場合は電波で通信を行いますので、電波を遮るような障害物があると伝送距離は短くなってしまいます。逆に電波を遮るような障害物がない場合は、数百メートル離れた場所でも接続が可能です。

当社では、有線LANや無線LANに接続するだけで簡単に使用できる呼び出しブザーを販売しており、病院工場をはじめ自宅介護といった場面でもご活用いただけます。また、購入前に呼び出しブザーを体感してみたいという方にはデモ機の貸し出しもしておりますので、呼び出しブザーをお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-2736-6632

PAGETOP
Copyright © 有限会社リアルシステム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.