呼び出しブザー/ベル/チャイム、在席確認は有限会社リアルシステム

「非常」を知らせるための最適な音量

  • HOME »
  • 「非常」を知らせるための最適な音量

「非常」を知らせるための最適な音量

医療や介護の現場では、緊急時または介助が必要なことを知らせるため、生産工場では業務連絡するために呼び出しチャイムや表示灯などが導入されています。目と音で瞬時に状況を知らせることができれば、危機は回避しやすくなり、緊急度が高まるほど重要なものとなってきます。こちらではそれぞれのシーンで瞬時に状況を把握するため、最適な音量はどれくらいの大きさなのか、例を挙げてご紹介していきます。

医療や介護の現場

入院患者や要介護者にとって必要不可欠な呼び出しチャイムは、表示灯とともに適切な音量を設定することで、すぐに気づくことができ早急に対応することができます。比較的静かな医療や介護の現場では、日常生活レベルの音量でも問題ありません。ただし、医療・介護の現場によっては、人の出入りが多く騒がしい時間帯などもありますので、シーンにあった適切な音量に設定することをおすすめします。
では、医療・介護の現場ではどれくらいの音量が適切なのでしょうか。日常生活で耳にする騒音レベルで例えてみます。

»»使用される音のレベル

70db…電話のベル・セミの鳴き声・掃除機などの騒音レベル
60db…通常の会話音、レストラン・洗濯機などの騒音レベル
早朝時や騒がしい時間帯などによって、呼び出しチャイムの音量も調節することをおすすめします。

周りの音が大きい工場

工場の生産現場でも、呼び出しチャイムや表示灯を活用して、作業員の連携をスムーズにすることができます。呼び出しチャイムは作業の効率アップとともに、状況によっては危険を知らせるためにも活用することができるため、音量も適切に設定することが求められます。
では、工場ではどれくらいの音量が求められるのでしょうか。日常生活で耳にする騒音レベルに例えてみます。

»»使用される音のレベル

90db…犬の鳴き声・カラオケの店内における騒音レベル
80db…ピアノ・布団を叩く音・地下鉄車内の騒音レベル
シーンにあわせて音量も調節することによって、作業の効率化や危機・危険の回避につなげることができるのです。

当社は業務用・家庭用として活用できる呼び出しチャイムの販売を行っております。音量の調節も可能な、有線・無線ワイヤレス)製品です。また、製品の販売だけでなく、拡張機能サービスも有料で行っております。例えば、持ち場を離れていても携帯電話などの簡易機器で、呼び出しを受けたことを確認できるオプションのご依頼も可能です。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-2736-6632

PAGETOP
Copyright © 有限会社リアルシステム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.