呼び出しブザー/ベル/チャイム、在席確認は有限会社リアルシステム

工場で使える呼び出しブザー

  • HOME »
  • 工場で使える呼び出しブザー

工場で使える呼び出しブザー

工場で従業員を管理する立場の方は、従業員の安全管理も重要な仕事の一つです。
しかし、大きな工場になるとすべての範囲を統括することは大変です。また工場では、監督者の目が届かない場所で事故が起こってしまった場合、それをはやく知らせる手段が必要です。

そこで、当社では呼び出しブザーの設置をご提案しています。様々な工場でのトラブルと呼び出しブザーを使った安全管理策をご紹介します。

機械工場

慎重な操作が求められる機械を使って作業をする工場では、少しのミスが大きな事故に繋がってしまう恐れがあります。また、中には大きな音を発する機械もあり、事故が起こった際に声が届かないこともあります。

そこで、呼び出しブザーを使うことで視覚的に事故を報告することができ、迅速に対応することが可能になります。
発見が遅れて大きな事故になってしまう前に、呼び出しブザーなどで誰かに知らせることが重要です。
エリアごとでランプの色分けをしていれば、現場を特定する時間が短縮できます。

薬品工場

薬品を扱う工場ではしっかりと管理を行っていても、薬品から全く影響を受けないということは断言できません。

例えば、クリーニング工場などでは取扱いに十分な注意が必要な薬品もあり、監督者の管理が必要です。薬品の影響だと思われる体調や環境の変化を感じた従業員が、いち早く報告する手段が必要です。

薬品によるトラブルは、工場内部だけでなく外部にも影響を及ぼす可能性もあります。被害が拡大する前に、原因を特定して対処するためにも、呼び出しブザーが活躍します。

運搬工場

大きな荷物を取り扱う工場では、フォークリフトを使って荷物の移動を行う所がほとんどです。

呼び出しブザーを活用することで、操縦者に次に運んでほしい荷物の位置を指示することができます。優先順位を監督者側で決めて、指示することができるので仕事の効率化にも繋がります。また、操縦者側で事故が起こった時も呼び出しブザーで監督者に報告することができます。

工場でも活用できる呼び出しブザーは、無線LANを使ったワイヤレスの製品ですので、配線でゴチャゴチャせず、病院介護の場面でも活用することができます。呼び出しブザーの導入をお考えの方はぜひ、当社へご連絡ください。デモ機の貸し出しも行っておりますので、一度使用してからお決めいただくことも可能です。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-2736-6632

PAGETOP
Copyright © 有限会社リアルシステム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.